発着地から選ぶ貸切バス

貸切バスのチャーターに際し、意外と見落としやすいポイントに、実際の出発地と目的地、利用するバス会社の営業所所在地との距離と、その業者が双方を結ぶルートに強いか否かのチェックが挙げられます。
この部分を見誤りあるいは見過ごしてしまい、安易に他のメリットに惹かれて選択してしまった場合、結果費用面の負担が大きくなってしまうなど、無意識のうちにデメリットを招き兼ねません。

こうした見落としに繋がる要因として、私達が日常利用する路線バスやタクシーに対する認識が挙げられます。私達は路線バスが営業所の車庫から回送運転で停留所に到着するまでの移動に際し、一切運賃などの金銭的負担は求められません。指定された場所で待っていれば到着し、乗車した時点で運賃が発生し、目的地で下車した後も我関しないのが路線バスです。
ですがこの概念をそのまま貸切バス利用時に当てはめてしまうと、思わぬ落とし穴が待っているかもしれません。

一般的に貸切バスの利用料金は、車体が営業所を出発してから目的地経由で利用者を当初の出発地点あるいは最終下車地点で降ろし、そこから営業所に帰着するまでを念頭に設定されています。
極端な比較例ですが、利用するバス会社の営業所を集合解散場所に設定する貸切バスツアーと、東京都内に営業所を置くバス会社を利用する小田原発着のツアーであれば、その見積もり金額の差額の大きさは申し上げるまでもありません。その理由は当然、回送運転に要する人件費、ガソリン代、高速道路料金の加算に他なりません。

こうした細かい部分を私達エンドユーザーが机上の作業で正確にチェックするのは容易では無く、必要なデータを入力から自動的に対応してくれる、信頼できる比較サイトの活用がベストです。貸切バスサービスを提供する業者は全国各地に点在していますので、居ながらにして出発地最寄りの複数社を自動的にピックアップできるので、先に述べた無意味な予算面のロスを防ぐ上で大変有効です。

またプラスアルファとして、可能であれば皆様ご自身で情報収集からチェックが叶えばベターな着眼点として、利用をご検討中の業者が、目的地までの移動や現地周辺の道路事情に通じているか否かの確認も、実践されておいて損はありません。
勿論プロのドライバーの運転ですので安全面の不安こそ不要ですが、不思議と業者には地域的な得手不得手が見られるケースも皆無とは言えません。皆さんが計画されているルートの走行に十分な経験と実績を誇る業者であれば、予期せぬ道路事情の変化などにも咄嗟の迅速な対応が十分期待できます。これも予備知識として頭の片隅にとどめておいてください。