旅行に最適の貸切バス

グルメツアーにお買い物ツアー、更にはいわゆる弾丸ツアーと称される駆け足日程のパックツアーなど、交通手段としてバスの登場が欠かせない旅程プランは数え切れません。
これらの大半は旅行業者主催故、貸切バスとの関連性がイメージし辛い感も否めませんが、実際には主催する旅行業者がバス会社と連携してバスをチャーターしているのが舞台裏であり、参加者の交通手段は貸切バスであるケースが大半なのが実際のところです。
つまり、貸切バスが旅行に最適な交通手段であるため、多く利用されているのです。ここでは「旅行に際しての交通手段」と「バス」に視線を合わせ、具体的にバス利用のメリットを検証してみたいと思います。

団体での列車移動の場合、1番の現実問題として、1つの団体が100%確実にまとまって着席出来る保証ができない点が挙げられます。特に繁忙期などの場合、指定席の隣席に見知らぬ乗客が混在してしまうケースが避けられず、現場での相談からの座席交代にも限度があります。
更に公共交通機関の車内である以上、自分達だけが共通の話題で盛り上がるなどは迷惑行為に繋がり兼ねず、結果緊張と遠慮が避けられない中での長時間移動となってしまう可能性が否めません。

また目的地まで複数回の乗り換えを必要とする移動の場合、ダイヤ上列車接続がスムーズで無い場合、駅構内での足止めなどのロスタイムが避けられず、更に在来線の利用が必要となれば、旅行カバンや大きなお土産品を抱えての移動を強いられる可能性も十分考えられます。
こうした移動は心身への負担が大きく、楽しかった旅行も一気に疲れ果ててしまった帰り道だけが記憶に鮮明に刻まれてしまっては、せっかくの旅行の満足度も半減です。

このような旅行を回避するのに、貸切バスは最大限のメリットを発揮してくれます。集合場所から乗り込んでしまえば、目的地まで一直線です。途中のトイレあるいは食事休憩で停車するドライブインでのランチやお土産物色もまた、旅の楽しい思い出の1つとなります。
何より車内は気の置けない参加者だけですから、会話に花を咲かせるも、昼間からほろ酔い気分を楽しむも、更にはカラオケ大会で盛り上がるも、皆さんのご意向次第です。
更に心地良く疲れた帰路であれば、爆睡していれば解散場所まで安全確実に運んでくれ、移動に際しての心身の負担も最小限に抑えられるため、翌日からの勤務や学業への影響も心配しなくてよいでしょう。
このように、貸切バスの魅力は旅行時に利用してこそ最大の効果を実感出来ると言っても過言ではありません。